梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 柴田南雄 「夜に詠める歌」 (1963) 詞:立原道造

<<   作成日時 : 2017/03/05 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

柴田南雄の生誕100年だった昨年取り上げそびれた曲です。彼には若き日に同じ立原の抒情的な詩につけた爽やかな歌曲集「優しき歌」がありますが、これは1963年、とんがった前衛の柴田音楽 ウェーベルンも顔負けの世界を日本語でやるのが実に新鮮で面白いです。

夜に詠める歌 (1963) 詞:立原道造

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
たくさんの人に愛される詩人の立原道造の詩につけた合唱曲の作曲者として知っていた柴田南雄の歌曲はとても魅力的です。長い散文詩とソネット 南雄の心躍る試みです!
ルリマツリ
2017/03/12 07:42
立原のソネットは柴田の初期作品での歌曲でもそうですが、さわやかでメロディアスなイメージが強いところ、こんな前衛的な音楽の素材として使われていることにとても驚かされました。何度も聴き込んで口ずさむといった性格の音楽ではないですが、とても鮮烈で印象に残る曲でした。
FUJII
2017/03/18 23:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
柴田南雄 「夜に詠める歌」 (1963) 詞:立原道造 梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる