梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 草川信 「春の唄」 詞:野口雨情

<<   作成日時 : 2017/04/01 23:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

4月に入り 桜の開花も各地で始まってきたようです。これからいくつか日本の桜にちなむ歌でまだ取り上げていないものの詞をご紹介します。まずはこの作品。草川の曲の中でも屈指の傑作ではないでしょうか。

春の唄  (1922) 詞:野口雨情

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
草川信作曲の「春の唄」、懐かしくも愛らしい曲ですね。穏やかならざる人生を送った雨情ですが、可愛らしい詞をたくさん書いていて、歌い継がれる童謡として残っているのですね。草川信との相性も良いようです。現代そしてこれからの子どもにも歌って頂きたいです。
ルリマツリ
2017/04/04 00:22
雨情と草川信、私は白秋ほど相性はよくないように感じているのですが(雨情はやはり中山晋平との相性が抜群!)、この歌は傑作ですね。残念ながら取り上げている言葉が古くなってしまったところがあって、そこが今歌われるにはネックと言えましょうか。ただ瀧廉太郎の「花」みたいに言葉が古くても歌い継がれているものもあるのですから要は私どもの世代が残そうとするかどうかなのですね。草川の作品、「揺り籠の歌」ばかりでなく少しでも多くの作品が残ることを祈ってやみません。
FUJII
2017/04/08 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
草川信 「春の唄」 詞:野口雨情 梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる