シューベルト『冬の旅』第16曲「最後の希望」~O.ヘンリー『最後の一葉』に直接的影響!?

16.「最後の希望」

そこかしこの樹に見える
いくつもの色づいた葉
僕は樹々の前に佇み
しばし想いに耽る

その一葉を見つめ
願いを懸ける
風が僕の葉に戯れると
僕も震える、あらん限り

ああ、葉が大地に落ちたら
共に希望も潰えるのだ
僕も大地に身を投げて
我が希望の墓に涙しよう

16. Letzte Hoffnung

Hie und da ist an den Bäumen
Manches bunte Blatt zu seh'n,
Und ich bleibe vor den Bäumen
Oftmals in Gedanken steh'n.

Schaue nach dem einen Blatte,
Hänge meine Hoffnung dran;
Spielt der Wind mit meinem Blatte,
Zitt'r' ich, was ich zittern kann.

Ach, und fällt das Blatt zu Boden,
Fällt mit ihm die Hoffnung ab;
Fall' ich selber mit zu Boden,
Wein' auf meiner Hoffnung Grab.


O.ヘンリー(1862-1910)の有名な短編小説『最後の一葉"The Last Leaf"』(1908)を思わせる詩と、風に揺れる葉を描写する斬新な音楽が印象的な曲。

この詩、わたしは風に翻弄された枯葉が地面に落ちる場面の描写と思い込んでいたのですが、ミュラーとシューベルトの研究者渡辺美奈子さんによる、文法的に見て明らかに葉はまだ落ちていない、という見解( "Noten zur Winterreise" 2008. www.ne.jp/asahi/minako/watanabe/notenzurwinterreise.htm)に眼を啓かれたところです。つまり、第二連のあとにピアノが描写する翻る木の葉は、枝から離れて落ちるところではなく、枝についたまま風に翻弄されているところというわけです。

その中で渡辺さんは『生と死の境にあって震えている葉は、最後に氷の上を裸足でよろめいている「辻音楽師」に通ずるものを感じます』と書かれていますが、確かに、風(ここまでこの曲集で風の果たしてきた役割については最早言うまでもありません)に翻弄される色づいた葉は、運命に翻弄される老人の隠喩としてふさわしいものがあります。

この曲でシューベルトはミュラーの原詩に重要な変更を加えています。ミュラーの詩では「今だ残る一枚の色づいた葉"Noch ein buntes Blatt"」であったものを、「いくつもの色づいた葉」"Manches bunte Blatt"にしているのです。

ミュラーの原詩の第一連:

Hier und da ist an den Bäumen
Noch ein buntes Blatt zu sehn,
Und ich bleibe vor den Bäumen
Oftmals in Gedanken stehn.

そこかしこの樹々の中
色づいた葉がまだひとつ見える
僕は樹々の前に佇み
しばし想いに耽る

つまり元々は冬の木立の中に残された、たった一枚の葉であったものが、いくつもの葉の中のひとつになったため、晩秋を思わせる情景になっています。この曲を作曲したのは1827年10月ですから、シューベルトがウィーンの晩秋に見た美しい情景が投影されているのかもしれませんが、厳しい冬の旅の一場面としてはやや色彩が豊かに過ぎて浮いた印象もあります。

しかしそこに付けられたシューベルトの天才的な音楽は、美しさよりも、次々と無情に散っていく命のような抗い難い無常感を与えます。前奏から第一連にかけてのピアノの下降音型は次々と落ちる木の葉。第二連で選んだ一葉が風に翻弄される様は緊張感の極みです。第三連での希望の喪失の予感の痛みと、今だ残る一葉への祈り。

何故主人公はわざわざ落ちるに決まっている枯葉に願いを懸けるのでしょうか。その葉は近い将来必ず落ちる、最早「死に体」であることがわからないわけはありません。これは落ちるか落ちないかの二択による子供っぽい恋占いなどでは決してなく、娘に自分の元に戻ってきてほしいという希望を痛切に抱きながらも、それは最早100%あり得ないことも痛いほど知っている、しかしその現実を受け入れることが出来ない二重心理の表現とわたしは読みました。彼がそれを受け入れる境地に達するまでには、まだ今しばらくの心の旅が必要なのです。

さて、ミュラーの原詩では残された最後の一枚の葉でしたが、それが落ちる場面がないことも含め、ますます『最後の一葉』に酷似することになるのが興味深いところです。四方田千尋氏は著書『シューベルト 歌曲の森』(嬰風舎)で、「この異様な変ホ短調の作品と、O.ヘンリーの短編『最期の一葉』とが、趣向も題名も似通っているのは偶然なのか?『春の夢』での’ガラス窓に描かれた木の葉’とセットで考え出されたようにも思えるが」(125頁)と指摘されていますが、年代から見てヘンリーが『冬の旅』を知っていたことは十分考えられますし、かつては名声の高かったミュラーの詩集を目にした可能性もゼロではないと思います。

そう思って例によって渡辺美奈子さんに伺ってみたところ、早速"Noten zur Winterreise"に一文を書いてくださいました。それによると、なんと『最後の一葉』成立の前年にアメリカでミュラー詩集が出版されているとのことで、これは非常に有力な状況証拠になるでしょう。これ以上の追求はわたしの手に余りますが、その方面の専門家には調べてみる価値のある問題ではないでしょうか。

なお、詩の中では明示されていない「樹々」の種類ですが、リンデだったらそう書くでしょうから、リンデ以外の木ということでしょう。ドイツの落葉樹では他にミズナラ、ブナ、ポプラ、トネリコ、カンバ、ハンノキ、カエデ、カスターニエなどがありますが、中世以後にドイツの広葉樹林は乱伐により消滅が進んでいたことから、主人公が旅していたと思われる街道の付近に広葉樹の自然林があったというのは、必ずしも当たり前のことではありません。するとナポレオンが好み、征服した街道沿いに植えさせたというポプラは可能性が高いかもしれません。そこはまさにナポレオンが進軍し、征服した土地だったのですから。

参考文献:
「木々を渡る風」小塩節著(新潮社)
「森が語るドイツの歴史」カール・ハイゼ著・山縣光晶訳(築地書館)

(2008.06.29 甲斐貴也)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Auty
2008年06月29日 09:58
携帯でコメントすることができるようです。テストしています。
goethe-schubert
2008年06月29日 22:52
密度の高い日本語を、抑制と均衡を保ちながら配置した様子が伺え、詩的で流麗な美しい訳だと思います。文法も正確で、韻文らしく、綺麗ですね。
歴史的背景も考察しながら、広葉樹の種類まで調べた資料は、これまで見たことがありません。確かにリンデやオークでしたら、詩人は種類で書くはず。もっと大きい葉も予想していましたが、ドイツにはポプラ並木がたくさんありますから、正鵠を射ていますね。
音楽分析を文学的に表現された文は、簡潔明瞭、「二重の心理」「心の旅」の必要性の見解もすばらしく、文が綺麗で、とても惹きつけられます。
詩が進むごとに、解釈も深く、表現もわかりやすく、何かすごい飛躍をされているように感じるのですが、甲斐さんの丁寧なお人柄と、たゆまぬ努力の表れなのでしょう。尊敬しています。
甲斐
2008年06月29日 23:49
ひとつ誤解を招く表現がありました。渡辺美奈子さんのHPを見ていただければわかることですが、詩集が出版されたのはドイツで、アメリカで出たのは日記・手紙(1903)とのことです。当時ミュラーの研究はアメリカが一番進んでいたのだそうです。
甲斐
2008年06月30日 00:00
>Autyさん
いつもありがとうございます。ご返事しました。

>goethe-schubertさん
大変丁寧で好意的なコメントありがとうございます。ことに今回のご高評は有難く存じます。
始めてからこれまでに進歩があったとすれば大変嬉しいです。ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

Clara
2008年07月03日 23:19
オー・ヘンリーの「最後の一葉」は、好きな作品です。
命の終わりを一枚の葉に重ねて、生きる望みを絶とうとする若い女性を励ますために、自分の命を賭けて最後の一葉を守った老人の話は、忘れられません。
「冬の旅」の詩が、この短編に影響したかどうかは、私には分かりませんが、凡そ創作者というのは、森羅万象、どんなものからでも、感興をそそられ、モチーフになり得るので、詩の数行が、より物語性を持って、別のものに形を変えて膨らんでいくことは、あるかも知れませんね。

私は、詩は、言葉のしらべであり、韻律の美しさだと思っています。
ドイツ語は分からないながら、掲載されている原詩を見ると、ちゃんと韻を踏んでいるのですね。
甲斐さんの訳された日本語を見ながら、たどたどしいドイツ語で声を出して読んでみると、散文とは違う詩の真髄に、いくらか近づけそうな気がしました。
甲斐
2008年07月04日 12:59
Claraさん、ありがとうございます。
原詩をお読みになって韻律を感じられたとのこと、嬉しく思います。そのために必ず対訳形式をとっていますので。ドイツ語の韻律は近藤朔風も言っているように、日本語で再現することは不可能なので、出来る限り単語の追加も省略もしない散文訳で、原詩の鑑賞の一助となることを心がけています。
渡辺美奈子
2008年07月25日 15:53
甲斐さん、こんにちは。いつも詩の隅々にいたるまで丁寧に調べ、鋭い着眼点で刺激を与えてくださり、ありがとうございます。決して権威主義に陥ることなく、私の解釈をよく熟考した上で同意してくださることにいつも感動し、感謝しております。甲斐さん自身の考察も、詩を追うごとに深まっており、たいへん嬉しく思います。
このたび甲斐さんは、ナポレオンが征服した街道沿いにポプラを植えさせたことと、この詩に樹の種類が書かれていないことに注目し、この樹がポプラである可能性を指摘されましたね。甲斐さんにはすでにお話しましたが、私が非常勤で勤務する大学構内に、関東地方では珍しく、ポプラがあり、このたびHPに写真を掲載しました。晩秋にたった1枚残った葉ではなく、甲斐さんがおっしゃったように「希望がたくさんあった頃のポプラ」です。興味がある方は、よろしければ訪問してください。晩秋になったら、今度は1枚残った葉を写真におさめたいと思っています。
甲斐貴也
2008年07月25日 23:11
>渡辺美奈子さん
いつもありがとうございます。過分なお言葉恐縮至極ですが、大変うれしく思います。
この度の貴HPへのポプラの画像掲載、大変参考になりました。ポプラというと知っているようで、実はあまりよく分かっておりませんでした。意外に都内ではあまり見られないのですね。これまでポプラと思い込んでいたのは、ほとんどがプラタナスであったようです。
貴HPのゲーテの銀杏のコーナーなど、拝見いたしますと、実に詳細に植物について書かれておられ、深く共感いたしました。自然抒情に託して愛を詠う自然抒情詩こそ、わたしの最も好む詩のジャンルですので。
晩秋の「最後の一葉」の画像、今から心待ちにしております。

この記事へのトラックバック