拙訳添付の『冬の旅』のCDが発売されます。

皆さんご無沙汰しております。

昨年取り組んでおりましたシューベルトの『冬の旅』の対訳を添付したCDが8月20日に発売されます。内容は,ゲルハルト・ヒュッシュ独唱,ウド=ミュラー伴奏による往年の名盤の復刻で,国際的に評価の高い復刻レーベルのオーパス蔵の製作です。同社のCDの対訳はワルターの『大地の歌』に続いて,2回目ですが,この『冬の旅』に取り組んだきっかけは,ヒュッシュの復刻盤に新訳を,という同社プロデューサーの相原了さんからのお話でした。当初,既に研究し尽くされた名曲という認識で訳を進めていたのですが,調べれば調べるほど未知の部分が多く,いくつもの新たな発見や,新たな解釈の提示が出来たのは嬉しいことでした。また,ドイツ文学・ドイツリート研究者の渡辺美奈子さんから数多くの助言を頂き,これまでで最も信頼度の高い対訳を作ることが出来ました。相原さんと渡辺さんには感謝の念を込めて,本作を献呈させていただきます。

次のCDの予定は今のところありませんが,その後『冬の旅』についてさらに調べるうち,同じくミュラーの詩による『美しき水車小屋の娘』との関連に興味を持ち,今度はこちらに取り組む予定です。ヴォルフの全訳はまだやり残していますが,以前の訳の見直しも必要となり,これも時間をかけてやっていくつもりです。

オーパス蔵HP
http://www.opuskura.com/index_j.htm

画像

HMV
http://www.hmv.co.jp/news/article/907160121/
タワーレコード
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1969547&GOODS_SORT_CD=102

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

渡辺美奈子
2009年08月15日 11:43
おめでとうございます。不滅の芸術作品『冬の旅』,ヒュッシュとウド・ミュラーによる名盤の,みごとな復刻,推敲を重ねた甲斐貴也さんの美しい日本語訳の三者がひとつとなり,CDにおいて新たな命を得,感無量です。
goethe-schubert
2009年08月15日 11:56
祝!この日を楽しみにしていました。甲斐貴也さんの『冬の旅』対訳は,ヴィルヘルム・ミュラーとシューベルトの真意を変えずに,日本語の美に置き換える逸品です。オーパス蔵さんによるCD復刻は,ノイズを抑えながら音を活かす技術に優れ,ヒュッシュとミュラーの名演奏も,おそらくこれまでで最も美しく伝えることでしょう。
甲斐
2009年08月16日 09:51
>渡辺美奈子さん
ご協力のおかげで「冬の旅」の訳は,これまでのどれよりも充実したものに仕上がったと思います。ありがとうございました。

>goethe-schubertさん
ありがとうございます。
ヒュッシュとウド・ミュラー,ことにミュラーのピアノ演奏への再評価が,この鮮明な復刻盤の登場をきっかけになされるとよいですね。
フランツ
2009年08月16日 13:56
甲斐さん、このたびはおめでとうございます!
私も甲斐さんの訳を見ながら聴かせていただこうと思います。
HPで試聴した感じではSPのスーという音をあえて残すことで、音楽自体の本来の姿を出来るだけ残そうという姿勢を感じました。
甲斐さんのライフワークの成果が一つの実を結んだことをお祝いいたします。
2009年08月17日 11:29
フランツさんと同じ言葉になります。おめでとうございます。ご努力・ご研究の成果が結実したその御訳をあらためて味わいながら聴かせて頂こうと、CDの届くのを楽しみに待っている状態です。
今後はヒュッシュの歌声が甲斐さんの訳とイメージを重ねていくことになるのでしょう。
甲斐
2009年08月17日 19:08
>フランツさん
いつもありがとうございます!
ノイズを取り除きすぎて音が生々しさを失うのはいただけませんが,かと言ってあまりノイズだらけなのも聴きにくいものですね。その辺のバランスの取り方が非常に巧妙と思います。また,良い原盤を手に入れるための努力というより,良い原盤が手に入ったものしか復刻しないという方針も,オーパス蔵の高い評価につながっていると思います。

>Zu・Simolinさん
ありがとうございます!
ミュラーの親友の名前になったのですね(笑)
ヒュッシュの歌声に重ねられるなどとはあまりにも過分なお言葉ですが,歴史的名演の復刻盤への添付は大変名誉に思っております。
other_wind
2009年08月19日 16:07
おめでとうございます。
早速購入して味わってみたいと思います。
私は「冬の旅」の受けとめ方がまた変わってきました。
シューベルトその人と「冬の旅」の奥深さを知るにつれ、シューベルトの音楽のもつ意味の大きさに打ちのめされています。
甲斐
2009年08月20日 12:37
>other_windさん
ありがとうございます!
そうですね,「冬の旅」は,ミュラーの詩に込められた多義性に,シューベルトの読みと音楽の厚みと深みが加わって,汲めども尽きぬ世界を築いていますね。おそらく一生付き合っていく作品だと思います。

この記事へのトラックバック