テーマ:お知らせ

ヨハン・シュトラウス2世 「春の声」改訂 &コンサートのお知らせ

だいぶ昔に訳したものは改めて見るととんでもなくお粗末なものばかりで、機会があれば直したいなと思ってはいるのですが、どうしても新しい訳の方にばかり手が行って、結局ずっとお粗末なまま放置というのが多いです。 この曲もそんなひとつだったのですが、今度コンサートのプログラムでこの訳詞をお使い頂くことになりましたので、急遽手を入れてみました。フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐さんのサイト「フィヒテとリンデ」更新

先々週にはご連絡を頂いていたのですが、皆様へのお知らせが遅れまして申し訳ございません。 このサイトの創始者であらせられます甲斐さんのサイト「フィヒテとリンデ」、今回のアップは「ジュディット・ゴーチェ「磁器の亭」~誤訳説批判」ということで、マーラーの「大地の歌」の歌詞のもととなった、フランスのジュディット・ゴーチェの李白の詩の訳に関する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シューベルト「君はわが憩い」ほか作品59の4曲&ドイツリートセミナーのご案内

ドイツリートを中心に、歌詞の翻訳や解釈を精力的に紹介されているメールマガジン「歌曲つれづれ話」を皆様はご存じでしょうか。 今回その主催者であらせられますPianistin様より、10/9(土)に開催されますドイツリートセミナー(公開レッスン)のご案内を頂きました。 このサイトでどうせ告知をするのであれば、合わせて「歌曲つれづれ話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラヴェル「マダガスカル島民の歌」改訂&コンサートお知らせ

表記曲の訳詞をコンサートでお使いいただけることになり、特に原詩との対応が取れていませんでした第2曲を中心に訳詞を大幅改訂致しました。   ■マダガスカル島民の歌  詩:パルニー     1 ナアンドーヴ Nahandove     2 おーい Aoua!       3 休息 Pause このコンサートでは、歌の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

コンサートお知らせ

トマス・ダンヒルの歌曲「天の布」詩:イエイツに関連してメールを頂きました。 作曲者のダンヒルはかの有名なタバコブランドのアルフレッド・ダンヒルの弟で 歌曲だけでなく器楽作品も多数残しているのだそうです。 6/9(土)17:00 東京・足立区の橋本邸サロンにて彼のオーボエとピアノのための作品が本邦初演とのこと。ご興味のある方は聴きに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近藤浩平:歌曲集『うみ山のあいだ』再演@2月16日(金)

 当HPにも掲載されている近藤浩平氏の歌曲集『うみ山のあいだ』が来る16日に、「日本の作曲家2007」(東京・サントリー小ホール)で再演されます。  藤井さんが全訳を完成されたヴォーン=ウィリアムスのウィリアム・ブレイク歌曲と同じくオーボエのみの伴奏による珍しい歌曲です(近藤さんはヴォーン=ウィリアムスのものは知らずに作られたようです…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

一部記事を削除致します

大変残念なお知らせですが、過去弊サイトにご投稿下さっていた方より記事をすべて 取り下げて欲しいという依頼があり、およそ40曲ほどですがリストより外させて頂きました。 余計な詮索をされるのもイヤですし、後ろ向きの作業に手間をかけたくありませんので どの曲を削除したかについての詳細なお知らせはご容赦ください。 これに気を落とさず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋雅子さんソプラノ・リサイタル 札幌Kitaraホール 1/22

ご覧の通りの反響の少ないサイトで、膨大なスパム攻撃とたまにくる嫌がらせめいたメールと、いろいろ調べて返事してもその後決して返事の返ってきたことのない「教えて君」メールに悩まされながらもこのサイトを今まで続けてこられたのは、本当にごく稀にではありますが素敵な出会いがこのサイトを通じてあるからです。 北海道にてご活躍のソプラノ、高橋雅子さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内藤明美&平島誠也・リサイタル:シューマン&シェック(11/9)

 来る11月9日、当サイトのリンク集でもおなじみの、我が国の歌曲伴奏の第一人者、平島誠也氏のピアノによる、メゾソプラノの内藤明美さんのリサイタルが開かれます。このコンビによるリサイタルは過去に一度だけ経験しましたが、極めて高水準の演奏と選曲に感服させられた思い出があります。今回も、シューマンの名曲「女の愛と生涯」、どちらかといえば秘曲の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more