アクセスカウンタ

梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報

プロフィール

ブログ名
梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報
ブログ紹介
 古今東西世の中にある素晴らしい数々の「うた」は、詩と、音楽と、そして歌い手の3つが揃ってはじめて成り立ちます。音楽について語るサイト、詩人について語るサイト、あるいは歌手について語るサイトは他にもたくさんありますが、これら3つすべてに目を配ったサイトはあまりないように思います。そこでそんなサイトとして詩の紹介をメインとしながら、音楽や好みの歌い手などにも触れ、紹介するサイトを立ち上げました。

ここではblogの機能を利用して、更新情報とお知らせを逐次掲載しています。本サイトに関する詳細は下記のTopページよりご確認をお願いします。

   「詩と音楽」Topページへ

重要なお知らせ:nifty@homepageのサービス終了に伴い このページにございますリンクを新サイトに差し替え致しました。まだ完全に移行が終わっておらず、特に新たに設けた詩人別のページは内容がぐちゃぐちゃですが、少しずつ完成に近付けて参りたいと思います(永遠に移行中か?)
また16年4月以前の更新情報にある各曲へのリンクは旧サイトに張ったままですので現在は閲覧不可です。お手数ですが左下の作曲家別 あるいは詩人別のページより辿って頂きますようお願いいたします。


   イラスト:東樹れい子

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
移転作業に伴う不具合撲滅にご協力ください
2016年9月4日に「詩と音楽」サイトは移転を致しました。 全ページ数が7000を越えますので、プログラムでリンクをさせておりますが、プログラムのバグやリンク先は正しいけれども表記がおかしいなどの不具合が多数発生していることが危惧されます。 とてもひとりで見つけて修正し切れるものではございませんので、皆さまでお気づきの点があれば本記事のコメント欄にてお知らせ頂けましたらたいへん有難く存じます。1年くらいをめどに本記事は常にトップにくるようにし、その後削除致します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 7

2017/09/04 22:09
フィンジ 「大地と大気そして雨 Op.15」より3 詞:ハーディ
だいぶ間が空きましたのでここで一気に第4〜7曲目まで4曲対訳をアップします。 とても多彩なハーディ−フィンジの世界を私は堪能しています。ぜひ皆さまもどうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/04 22:42
フィンジ 「大地と大気そして雨 Op.15」より2 詞:ハーディ
フィンジの傑作歌曲集より 第3曲目の訳詞です。ハーディの詩は含蓄があって訳すのはとても難しい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/20 00:11
オネゲル 「2つのアリエルの歌」 原詞:シェイクスピア
オネゲルの書いた劇音楽から 歌詞はフランス語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/19 23:57
フィンジ 「大地と大気そして雨 Op.15」より 詞:ハーディ
ハーディの詩はずっと取り上げたかったのですが今までハードルが高く手が出ませんでした。 ちょうどイギリスの作曲家フィンジが没後60年ということもあり、彼のハーディの詩による歌曲集からいくつかを取り上げてみたいと思います。まずはフィンジの代表作のひとつともいえるこの歌曲集をこれから少しずつご紹介致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 23:49
ワイル 「二人の戦士への挽歌」 詞:ホイットマン
クルト・ワイルがアメリカに亡命した時に書いたホイットマンの南北戦争をテーマにした詩による4つの歌曲、これにて訳詞が完結です。第二次大戦の世界を念頭にワイルは書いたのですが、戦争の愚かしさは時代が変わっても何も変わらないといったところでしょうか。これも大変に重たい歌です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 23:33
フォルトナー 「献呈」 詞:シェイクスピア
ドイツの現代作曲家フォルトナーがシェイクスピアのソネット4篇をピアノ伴奏の歌曲としたものです。 シェイクスピアのソネットを歌曲化したものは意外と多くないので結構貴重です。 すべて何らかの形で美少年愛ネタですが、その中でも第20番のソネットは強烈(フォルトナーの第1曲目)。私も訳していて思わず日本語に詰まってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/06 22:24
藤井清水 「秋の夜」 詞:野口雨情
今の季節にぴったりの童謡です。コオロギの鳴く声のピアノがなかなか小粋 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/05 23:33
アイヴズ 「 11月2日 1920年」 詞:作曲者
今を去ることちょうど96年前の今日です。アメリカ大統領選挙、まさに今も戦われ、史上最悪の中傷合戦とか言われてはおりますが歴史を紐解くとけっこう皆さん口汚く対立候補を罵ったりはしているようです。 この1920年の選挙、アイヴズが応援していた民主党の候補はボロ負けしてしまったようで、そのことに対する怒りからこの曲は生まれたのだといいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/02 23:31
ヴォルフ 「とりちがえられた処方箋の歌」 原詩:シェイクスピア
ヴォルフ晩年の作品 彼には珍しくシェイクスピアを題材にしています(ドイツ語訳はシュレーゲルによる) 真夏の夜の夢からというのも興味深いところです。ロバの頭になってしまった職人ボトムの歌う歌です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 23:50
サティ 別の3つのメロディ  詞:コンタミーヌ・ドゥ・ラトゥール&マンデス
引き続きサティの初期歌曲から 改めて聴きましたが既にサティの個性あふれた素敵な作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 23:38
レーヴェ 「デズデモーナの歌」 詞:不詳
以前ご紹介したシェイクスピアのハムレットより「墓掘り人夫の歌」にレーヴェが曲をつけたもののすぐ後、同じく「オセロ」からのこの歌が収録されておりました。侍女エミリーとの会話の部分は語りになっていたりと、これも「墓掘り」の歌同様に舞台でそのまま使える作りの曲になっております。実際に舞台で使われたかどうかは不明ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/24 23:24
吉田隆子 「お百度詣」  (1953) 詞:大塚楠緒子
サイト移転から日本の歌は戦争に絡むものばかり取り上げておりましたので、やはり反戦のメッセージの熱い歌もひとつくらい取り上げて置きたいということでこちらを。 日露戦争に出征する夫を気遣う妻の想いを切々と歌にしております。 これくらい愛して貰えるこの旦那が羨ましいようなそうでもないような... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/23 00:18
サティ 1886年の3つのメロディ  詞:コンタミーヌ・ドゥ・ラトゥール
エリック・サティも生誕150年ですのでまだ取り上げていないいくつかの作品をご紹介しようと思います。 この3曲はサティ最初期の作品です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/23 00:09
アイヴズ 「歩くこと」 詞:作曲者
かなり初期の作品ですがけっこう野心的作品でした ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/22 23:42
ビショップ 「語れと命じてください」 詞:シェイクスピア
没後400年のシェイクスピア特集も再開します。ビショップといえばやはりシェイクスピアの戯曲から取った「聞け 聞けヒバリ」が有名ですが、他にもシェイクスピア作品がありました。物語詩「ヴィーナスとアドニス」から取った歌というのがかなり珍しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/22 23:37
戦時下の少女歌謡 1929-1943 より
Victorで昨年リリースの「日本の軍歌アーカイブズ」、たいへん凝った企画で興味深かったのですが、中でも初めて耳にする作品が多かった第4巻「戦時下の少女歌謡」が一番面白く聴けました。 もちろんステレオタイプな面白くない作品もたくさんあったのですが、えっこの人がこんな作品を!という驚きに満ちた1枚でした。 その中から2つほどここでは記事に取り上げたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/10 00:09
アイヴズ 「彼らはあそこだ!」 詞:作曲者
前回取り上げました第1次大戦時のアイヴズの戦争の歌、その中で一番景気の良い1曲は第2次大戦の際、詞を替えて再度登場しております。こちらの方は管弦楽伴奏の合唱曲として結構取り上げられている印象があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/09 23:51
アイヴズ 「3つのあの戦争の歌」
戦争にまつわる歌 アメリカからも取り上げましょう。1917年 アメリカが第1次世界大戦に参戦したときに書かれた曲です。第1曲目の詩はアイヴズの曲を離れてもたいへんよく知られた戦争の詩です。戦争の色々な面を描き出した深みのある作品ではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/02 21:51
橋本國彦 「英霊讃歌」 (1943) 詞:乗杉嘉壽
2006年頃にこのサイトの戦争の歌特集をご覧いただいた方からお問い合わせ頂いた曲です。 若き日に歌った山本五十六追悼のカンタータとのこと。その時は全く手掛かりなくお役に立てなかったのですが、先日たまたま2015年にCD復刻されているものを見つけ、ほぼ10年後にしてお問い合わせにお答えすることができました。ほとんどの方もご存じないかと思いますのでこのサイトでもご紹介することといたします。 それだけの価値はある作品と思いましたので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/02 21:42

続きを見る

トップへ

月別リンク

梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる