アクセスカウンタ

梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報

プロフィール

ブログ名
梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報
ブログ紹介
 古今東西世の中にある素晴らしい数々の「うた」は、詩と、音楽と、そして歌い手の3つが揃ってはじめて成り立ちます。音楽について語るサイト、詩人について語るサイト、あるいは歌手について語るサイトは他にもたくさんありますが、これら3つすべてに目を配ったサイトはあまりないように思います。そこでそんなサイトとして詩の紹介をメインとしながら、音楽や好みの歌い手などにも触れ、紹介するサイトを立ち上げました。

ここではblogの機能を利用して、更新情報とお知らせを逐次掲載しています。本サイトに関する詳細は下記のTopページよりご確認をお願いします。

   「詩と音楽」Topページへ

重要なお知らせ:nifty@homepageのサービス終了に伴い このページにございますリンクを新サイトに差し替え致しました。まだ完全に移行が終わっておらず、特に新たに設けた詩人別のページは内容がぐちゃぐちゃですが、少しずつ完成に近付けて参りたいと思います。
また16年4月以前の更新情報にある各曲へのリンクは旧サイトに張ったままですので今月末より閲覧不可となります。ご了承ください。


   イラスト:東樹れい子

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
移転作業に伴う不具合撲滅にご協力ください
2016年9月4日に「詩と音楽」サイトは移転を致しました。 全ページ数が7000を越えますので、プログラムでリンクをさせておりますが、プログラムのバグやリンク先は正しいけれども表記がおかしいなどの不具合が多数発生していることが危惧されます。 とてもひとりで見つけて修正し切れるものではございませんので、皆さまでお気づきの点があれば本記事のコメント欄にてお知らせ頂けましたらたいへん有難く存じます。1年くらいをめどに本記事は常にトップにくるようにし、その後削除致します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 4

2017/09/04 22:09
トゥリーナ「ロペ・ベガへのオマージュ」 詞:デ・ベガ
詩人別のページを作りますと、詩人の観点で取り上げたい曲が色々出て参ります。 このスペインの偉大な劇作家の詞につけたスペインの作曲家トゥリーナの傑作も訳ができましたのでアップ致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 19:35
ルイス・キャロルの詩につけた諸作品
意外とクラシック作曲家に取り上げられていないのがこのキャロルの詩、ナンセンスな中に深淵さを感じさせるあたりがなかなか手を出し難いというところもあるのでしょう。サイト移転前はひとつも取り上げておりませんでしたが、移転時にリゲティのナンセンス・マドリガルを取り上げようと思って色々調べてみる中で、イギリスの女性作曲家リザ・レーマンの力作を見つけ、合わせて取り上げることとしました。 これに加えて、「鏡の国のアリス」から翻訳の超難関「ジャバウォッキー の詩」の訳を本日仕上げてアップできましたので、合わせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/18 21:47
フォスター 「奴隷解放ショー」(1856) 詞:作曲者
今年のアメリカ大統領選挙もいろいろなハプニングがあって、異国人の私たちにも目が離せないところでしょうか。 実は今からちょうど160年前の、南北戦争を前にした1856年の大統領選挙、あのスティーブン・フォスターが深く関わっていたのです。だいぶ前に露骨な民主党応援ソング「ホワイトハウスの椅子」は取り上げておりましたが、その時断念したまさに160年前の今日9/17の共和党の選挙大会をおちょくったこの「奴隷解放ショー(偉大なベイビーショーとも)」 なんとか訳ができましたので取り上げることにします。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/17 23:44
バイロン Sun of the sleepless 眠らぬ者の太陽 による歌曲
今年の十五夜が9月15日ということで、あまりお月見っぽくないですが月にちなんだ歌を取り上げます。 バイロンが歌の詞とすることを意図して書いた「ヘブライのメロディ」からの一篇。 もとの英語の詞に付けられた曲であまり歴史に残ったものはないのですが、レーヴェ、メンデルスゾーン、シューマン、ヴォルフとドイツ歌曲の錚々たる顔ぶれがドイツ語の歌詞にメロディをつけています。 ドイツ語に訳した人がそれぞれ違っていて、歌詞のニュアンスが微妙に違っているのも面白いところです。 シューマンのものはすでに取り上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/15 23:30
ハウスマン 「シュロップシャーの若者」よりの歌曲
移転作業に伴い追加した300曲あまりの曲についてはあまり皆さまの興味を惹くようなものもないですし、この更新情報自体あまりアクセスがありませんので手間をかけてのご紹介は失礼させて頂きます。 ただ、これからの新規アップと絡めて一緒にご紹介、ということはさせて頂きますので今回はその第一弾。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 23:32
ヴォルフ 「肝に銘じること」 ゲーテ歌曲集より
本日より通常更新再開です。まだ詩人別の整理の作業が大量に残っておりますので新規アップはしばらく大幅ペースダウンですがご了承ください。 継続中のヴォルフ「ゲーテ歌曲集」 第18曲は地味ですがヴォルフらしい詩のセレクションでなかなか味のある曲となりました。Youtubeではなんと往年のイギリスのテナー、マコーマックが歌っているものが聴けました。 他にアップされていなさそうなのがこの曲のマイナーさを物語っておりますが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 23:15
8月末を目処に新サイトに移行します 今回が旧サイトの最終更新です
ご心配をおかけしました。いろいろと励ましやお力添えを頂きましたので、腹をくくって新サイトへの移行を決断いたしました。 単純なアドレス書き換えだけならそれほど手間もなく移行できるのですが、移行のためにサイトの中も大規模な整理をかけることにしました。特に詩人のところが間違いだらけでグチャグチャになっておりますのでまるまる3ヶ月くらい時間をかけて何とかデーターベースと呼べる程度のものには作り替えようと考えております。すでに一部手を付けていますが鬼のように手間のかかる作業です。 そちらの作業に専念致... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/04/30 23:59
バターワース 「悲しみに私の心は打ちひしがれている」 詞:ハウスマン
ハウスマンの青春のほろ苦さを噛みしめるような詩5篇につけた歌曲集 その最終曲です。 意味深長な内容の歌詞ですが、音楽はストレートでなかなか美しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/27 00:11
アイヴズ 「東の方へ」 詞:作曲者
5つのストリートソング 第4曲は打って変わってしっとりとした郷愁あふれるナンバーです。 威勢のよいマーチ風の音楽ばかりのこのシリーズの一服の清涼剤でしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/26 23:51
グリーグ 「ノルウェー」 Op.58 詞:パウルセン
久々のグリーグ歌曲の対訳です。これでこの作曲家の歌曲の訳詞も100を超えましたが、まだまだ全曲制覇には道遠しです。今回はパウルセンの詩につけた5曲からなる歌曲集を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/22 00:06
ブラームス 「真実の愛は長く続く」〜「美しきマゲローネ」 詞:ティーク
ブラームスの連作歌曲集「美しきマゲローネ」もようやく完結です。 最終曲に加えて、その直前の2つの章で歌曲集では省略された詩も取り上げて訳してみました。 なぜブラームスが取り上げなかったかも分かるような気がしますので。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/21 21:48
シベリウス 「ウレオ河の融氷」 Op.30 詞:トペリウス
北国の雪解けはパワーが違いますね。ちょっとまとまりが悪い印象はありますが部分部分は印象的な個所がいくつもある曲です。管弦楽伴奏による語り手と合唱による作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 00:11
バターワース 「若者が憧れにため息つく時に」 詞:ハウスマン
この詩、とてもシニカルですが恋の一面をうまく表しているでしょうか。 音楽は絶妙の美しさ 最後の余韻が特に素敵です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/20 23:56
アイヴズ 「浮かれ者の息子」 詞:作曲者
5つのストリートソングより。これもゴキゲンなナンバーです。後奏にはいろんな楽器が乱入してきてお祭り状態です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/19 23:55
ブラームス 「何と幸せに爽やかにわが心は舞い上がるのか」〜「美しきマゲローネ」 詞:ティーク
スルタンの王宮から小舟で逃げ出したペーターが広い海の上で歌う歌。 まだこれからもう一山も二山もあるのですが、まるですべて解決したかのような堂々たる貫録の美しい歌です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/19 23:49
アイヴズ 「路地で」 詞:作曲者
5つのストリートソング 続いてはとてもベタな内容のお話ですがやっぱりオチは笑ってしまうこの曲。 若き日への郷愁あふれてなかなか魅力的です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/14 00:15
バターワース 「おお とても美しい 空も野原も」 詞:ハウスマン
第一次大戦で若くして戦死したイギリスの作曲家ジョージ・バターワースも今年没後100年です。ということは第1次世界大戦からまだ100年ほどしか経っていないのですね。 彼のハウスマンの詩につけた歌曲がいくつかご紹介から漏れていましたので、このアニヴァーサリー年にご紹介いたしましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/14 00:03
ブラームス 「愛するお方 どこでぐずぐずしているの」〜「美しきマゲローネ」 詞:ティーク
第13曲は異国の姫君に惚れられて駆け落ちを持ちかけられるペーター、この手のお話では王道のエピソードですが、この姫君スリマが駆け落ちの合図に歌う歌です。 トルコかアラブの歌なのですがあまりエキゾティックな感じはしません。軽やかに歌われるのがちょっと違和感アリかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 23:53
アイヴズ 「 オールド・ホーム・デー」 詞:作曲者
夏から秋にかけてお出しする予定だったアイヴズ作品も事情により早く出します。 これは5つのストリートソングという歌曲集に編まれた第1曲。初めは静かですがやがて賑やかなマーチで盛り上がります。オールド・ホーム・デーはアメリカの秋祭りといった風情です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 00:01

続きを見る

トップへ

月別リンク

梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる