アクセスカウンタ

梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報

プロフィール

ブログ名
梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報
ブログ紹介
 古今東西世の中にある素晴らしい数々の「うた」は、詩と、音楽と、そして歌い手の3つが揃ってはじめて成り立ちます。音楽について語るサイト、詩人について語るサイト、あるいは歌手について語るサイトは他にもたくさんありますが、これら3つすべてに目を配ったサイトはあまりないように思います。そこでそんなサイトとして詩の紹介をメインとしながら、音楽や好みの歌い手などにも触れ、紹介するサイトを立ち上げました。

ここではblogの機能を利用して、更新情報とお知らせを逐次掲載しています。本サイトに関する詳細は下記のTopページよりご確認をお願いします。

   「詩と音楽」Topページへ

重要なお知らせ:nifty@homepageのサービス終了に伴い このページにございますリンクを新サイトに差し替え致しました。まだ完全に移行が終わっておらず、特に新たに設けた詩人別のページは内容がぐちゃぐちゃですが、少しずつ完成に近付けて参りたいと思います(永遠に移行中か?)
また16年4月以前の更新情報にある各曲へのリンクは旧サイトに張ったままですので現在は閲覧不可です。お手数ですが左下の作曲家別 あるいは詩人別のページより辿って頂きますようお願いいたします。


   イラスト:東樹れい子

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
移転作業に伴う不具合撲滅にご協力ください
2016年9月4日に「詩と音楽」サイトは移転を致しました。 全ページ数が7000を越えますので、プログラムでリンクをさせておりますが、プログラムのバグやリンク先は正しいけれども表記がおかしいなどの不具合が多数発生していることが危惧されます。 とてもひとりで見つけて修正し切れるものではございませんので、皆さまでお気づきの点があれば本記事のコメント欄にてお知らせ頂けましたらたいへん有難く存じます。1年くらいをめどに本記事は常にトップにくるようにし、その後削除致します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 10

2017/09/04 22:09
シャブリエ 「旅へのいざない」 詞:ボードレール
デュパルクのつけたメロディがあまりにも有名なこの詩に、シャブリエもまた曲をつけています。 雰囲気は良く似ているのですが、ぜひ聴き比べてみるのも一興ではないでしょうか。 奇しくも両曲とも同じ1870年の作曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 23:43
下總皖一 「スキー」 詞:不詳
かつて文部省唱歌だった関係で作者がよく分かっていない作品はたくさんあります。 この歌、作曲は下総でほぼ確定のようですが、作詞者も分かっていて林柳波という説もあるようです。 だとすると著作権がまだ生きていることになってしまい、歌詞のご紹介はできなくなってしまうので困ったことになります。著作権制度のヘンテコなところがここにも出て来て面倒なことこの上ありません... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 23:49
ペッタション=べリエル 「冬の歌」 (1942) 詞:フレーディング
北欧の歌をもうひとつ取り上げます。スウェーデンの重要な歌曲作家ペッタション=べリエルの最晩年の作品。 ヨーロッパは第二次世界大戦の真っただ中にあり、まさにこの歌で描かれていたような「冬」の時代でした。 何とも不思議な情感を漂わせる歌曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 23:41
ラングストレーム 「夜の翼 (1917)」 詞:ベリマン
今年没後50周年を迎えたのがスウェーデンの詩人ブー・ベリマン。 ラングストレームやステンハンマルといったスウェーデンの代表的作曲家がこぞって曲をつけています。 詩人の著作権が切れるのは今年の大晦日ですので、それまではなかなか取り上げにくいところではありますが、大意の訳詞のみ年内はアップさせて頂き、2018年になったところで原詩のアップと訳詞見直しを一斉にかけることとします。 まずはラングストレームの代表的な歌曲のひとつであるこの曲を。フォン=オッターが収録したスウェーデン歌曲を集めたCDの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 21:23
カーター 「音楽」 詞:ボードレール
作曲家ではあまり今年がアニヴァーサリーで目立った人は見当たらないのですが、詩人では何人か注目すべき人がいますので、思いつくままに取り上げて参ります。2017年が没後150年のフランスの詩人ボードレール、あまりクラシック音楽の世界では曲が付けられている作品は多くはないのですが注目すべき曲がいくつかありますので今年中にはすべてご紹介できればと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 22:39
フィンジ 「ご主人さまと木の葉たち」〜小道や柵の脇を Op.2より 詞:ハーディ
第4曲は勢いあふれる弦楽と歌がやがてしんみりとしてしまう変化に富んだ曲です。深みのあるハーディの詩にぴったりと寄り添った素敵な歌になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/14 21:40
チマーラ 「ストルネッロ」 詞:フラテイリ
今年アニヴァーサリーの作曲家は歌曲の世界では意外と多くなくて、集中的にご紹介する人はなかなかいないのですが、この人(没後50年)はちょっとこだわってみようと思います。曲の方の著作権は今年末まで切れませんけれども、弊サイトは歌詞の紹介だけですので詩の方の著作権だけに注意して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 09:38
オネゲル 「倫理学の小講義」 詞:ジロドゥ
詞も音楽もプーランクチックな面白い歌曲集 しかしかなり含蓄のある詩です。倫理学か?というと少々疑問もなしとはしませんが(女の子の名前ばかりだし)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/03 21:45
ヴォルフ 「パーリアの感謝」 ゲーテ歌曲集より
ヴォルフのゲーテ歌曲集 ペルシャの酒盛りの話に続いてはちょっと曲順を戻して第30曲 インドの伝説に基づくブラフマー(梵天)讃歌です。ほんとはこの讃歌の前にくるお話が興味深いところなのですが、ちょっと長くて込み入っているので解説略です。レーヴェがこのお話でバラードを書いているので、いつになるか分かりませんがいつかは取り上げて訳して見たいとは思いますが.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/02 23:01
林光 「初春」 詞:与謝野晶子
毎年恒例の日本の「うた」での新年の幕開け 今年はこれをご紹介いたします。 与謝野晶子の饒舌な詩に引けを取らない林光の才気。とても印象深い作品に仕上がりました。 同じコンビの作品をあと2曲 一緒にご紹介致します。この中では「初夏」が一番良く歌われているかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/01 11:02
アイヴズ 「将軍ウィリアム・ブース天国に入る」 (1914) 詞:リンゼイ
今年集中的に取り上げたかったもうひとりの作曲家アイヴズ、自作の詩につけた曲こそ半分くらいは取り上げることができましたが、そのほかの詩人の詩につけたものはほとんど手付かず。 本年最後のアップはそんな中からアイヴズ歌曲の代表作とも言われるこの曲を取り上げて終えることにします。 日本でも年末の風物詩「社会鍋」の救世軍の創始者ウィリアム・ブースのことを歌っているとても面白い歌です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 07:53
トスティ 「慰め」 詞:ダヌンツィオ
トスティの歌曲は全作品とは申しませんが、没後100年の記念年の今年100曲以上は取り上げようと思っていたのですが、nifty閉鎖による移転騒動などもあり目標には大きく届きませんでした。もっとも英語の詩とかフランス語の詩につけた珍しい作品をかなりの数ご紹介することができましたので、私個人としては楽しめた作業でした。 今年最後のトスティはやはり詩で名コンビを組んでいたダヌンツィオの詩による歌曲集を。 あまり歌われることは多くありませんが、美しいメロディだけでない深みのある音楽でとても魅力的です。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/29 23:19
ヴォルフ 「いったい何事だったんだ 酒場で今日」 ゲーテ歌曲集より
「西東詩集」 酌童の巻からの曲はこれにて完結です。しかしイスラム圏での詩ということになっているのですけれどもどれもこれも... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/28 23:59
ヴォルフ 「皆は 酔っぱらってるからと言って」 ゲーテ歌曲集より
西東詩集 酌童の巻からの曲 続いてはこちらです。給仕女と詩人の寵愛を奪い合う酌童の語りのすぐあとに置かれていて、そのまま語りが続いているようにも読めたので若者の語りっぽく訳してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/27 23:14
草川信 「聖夜連祷」 詞:川路柳虹
日本のクリスマスの歌はこちら。特にキリスト教会のために書かれたというものではないですが、大正時代にこれほど本格的なクリスマスキャロルが書かれていたというのはひとつの驚きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/25 18:38
フィンジ 「牡牛たち」〜小道や柵の脇を Op.2より 詞:ハーディ
イギリスからのクリスマスの歌はこちらを。まさにクリスマスイヴの真夜中のシーンです。ハーディの実に味わいのある詩に弦楽四重奏伴奏の繊細なメロディがついて、宗教的ではないのですがとても敬虔な気持ちにさせられる傑作です。 クリスマスイヴの真夜中とは言ってもサンタクロースではないですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 23:57
アイヴズ 「クリスマス・キャロル」 詞:作曲者
アメリカからのクリスマスの歌は、今年集中的に取り上げたチャールズ・アイヴズの書いたクリスマス・キャロルを取り上げましょう。これは実に美しい歌。私にとっても掘り出し物の逸品でした。今でも独唱だけでなく合唱にも編曲されて意外と広く歌われているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/23 23:20
スヴィリードフ 「クリスマスキャロル」 詞:民謡
ロシアからのクリスマスの歌はこれにしました。民謡から素材を取ったアカペラの混声合唱曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/22 23:18
ロッシーニ「クリスマスの夜」 詞:パチーニ
クリスマスの歌 引き続きイタリアからはこの曲を取り上げます。といいつつも歌詞はフランス語ですが。 いかにもロッシーニらしいメロディラインの素敵なバリトンソロと合唱の4分ほどの曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 22:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる