アクセスカウンタ

梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報

プロフィール

ブログ名
梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報
ブログ紹介
 古今東西世の中にある素晴らしい数々の「うた」は、詩と、音楽と、そして歌い手の3つが揃ってはじめて成り立ちます。音楽について語るサイト、詩人について語るサイト、あるいは歌手について語るサイトは他にもたくさんありますが、これら3つすべてに目を配ったサイトはあまりないように思います。そこでそんなサイトとして詩の紹介をメインとしながら、音楽や好みの歌い手などにも触れ、紹介するサイトを立ち上げました。

ここではblogの機能を利用して、更新情報とお知らせを逐次掲載しています。本サイトに関する詳細は下記のTopページよりご確認をお願いします。

   「詩と音楽」Topページへ

重要なお知らせ:nifty@homepageのサービス終了に伴い このページにございますリンクを新サイトに差し替え致しました。まだ完全に移行が終わっておらず、特に新たに設けた詩人別のページは内容がぐちゃぐちゃですが、少しずつ完成に近付けて参りたいと思います(永遠に移行中か?)
また16年4月以前の更新情報にある各曲へのリンクは旧サイトに張ったままですので現在は閲覧不可です。お手数ですが左下の作曲家別 あるいは詩人別のページより辿って頂きますようお願いいたします。


   イラスト:東樹れい子

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
移転作業に伴う不具合撲滅にご協力ください
2016年9月4日に「詩と音楽」サイトは移転を致しました。 全ページ数が7000を越えますので、プログラムでリンクをさせておりますが、プログラムのバグやリンク先は正しいけれども表記がおかしいなどの不具合が多数発生していることが危惧されます。 とてもひとりで見つけて修正し切れるものではございませんので、皆さまでお気づきの点があれば本記事のコメント欄にてお知らせ頂けましたらたいへん有難く存じます。1年くらいをめどに本記事は常にトップにくるようにし、その後削除致します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 10

2017/09/04 22:09
チマーラ 「セレナータ」 (1914) 詞:ポンピーリ
5つのリーリカ第1集 朝の歌マッティナータに続いては夕べの歌セレナータです。こちらも魅力的な傑作と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 00:06
草川信 「抒情楽譜 月に飛ぶもの」 (1926) 詞:北原白秋&川路柳虹
国立国会図書館のデジタルライブラリー、私が使い始めた10年程前は明治の唱歌くらいしかこのサイトで使えるものはありませんでしたが、時がたち大正〜昭和のはじめに活躍した人たちの楽譜も少しずつですが参照できるようになってきました。草川信の楽譜はまだこれくらいしか公開されていないようですが、このひとつが実に興味深いものでしたので歌詞のみではありますがご紹介させて頂くこととします。ライブラリーにアクセス頂ければ楽譜も見ることができますのでご興味を持たれた方はぜひどうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 23:58
アイスラー 「イースターの日曜日」 詞:ブレヒト
1938年 第2次世界大戦勃発前の戦乱の予感を吐露する詩に、アイスラーは映画音楽のような不思議にもキッチュなメロディをつけました。そんな歴史ものの映画のシーンを見るような印象的な歌です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 00:06
チマーラ 「マッティナータ」 詞:フラテイリ
1914年の5つのリーリカ 第1集の第4曲です。夜明けに恋人を誘う歌マッティナータの傑作のひとつと言えましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 23:57
ヴィアルド=ガルシア 「12のマズルカ」 詞:ポメイ
フランスはパリの社交界で活躍し、ショパンとも親交があったという女性歌手で作曲家のポーリーヌ・ヴィアルド=ガルシアはそのショパンのマズルカから12曲を選び、歌詞をつけて声とピアノの曲として自らのサロンで演奏したのだと言います。ようやくその12曲すべての訳ができましたのでご案内いたします。 歌のために書かれたのではないかというはまり具合がショパンのメロディの歌謡性を際立出せているのでしょうか。とにかく面白い曲ばかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 00:19
清瀬保二 「野辺の小唄」 詞:生田春月
清瀬保二の春の歌は生田春月の艶めかしくも仄暗い演歌のような詩につけたものを。残念ながら私はまだこの曲、耳にしたことがありません。ぜひに聴いて見たいと思わせる情念の濃い詩です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 00:07
中山晋平「さくら音頭」(1934) 詞:佐伯孝夫
中山晋平からはお得意の新民謡でさくらの花にちなむ歌を。歌詞がご紹介できないのが残念ですが、YoutubeでSP再生の動画が山のように見られますのでそちらでご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 19:47
チマーラ 「熱愛」 (1914) 詞:不詳
1914年の5曲からなる歌曲集(5つのリーリカ第1集)を完成させるべく、第1曲目を取り上げます。 作詞者にはN.N.というクレジットがありますが、誰のペンネームなのかは突き止められませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 00:03
草川信 「かちかち山の春」 詞:北原白秋
草川信の春にちなむ知られざる佳曲を取り上げます。有名なおとぎ話を題材にのどかな春の情景を描き出す見事な白秋の筆致に草川もしっかり答えて愛らしい歌を書きました。ユーモラスな中にも一抹の寂しさがあって魅力的です。 この歌詞にも今日4/8の「花まつり」が織り込まれていますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 23:33
湯山昭 「さくら伝説」 詞:なかにし礼
4分以上を要する湯山昭渾身のバラードです。パッと散る桜に絡めて心中を描くあまり縁起でもない内容と言えなくもありませんが、歌舞伎のシーンを見ているような幻想的な佳曲です。 著作権のため歌詞のご紹介ができないのが残念ですが取り上げることにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/08 23:19
弘田龍太郎 「花まつり」 詞:相馬御風
今日4月8日は「花まつり」 お釈迦様の誕生日ですね。キリスト教の祝日であるクリスマスの仏教版ですが、あまり歌になっているものは聴かれることはないかも知れません。この弘田のものはなかなか美しい曲で印象的。 御風の愛らしい歌詞共々とても晴れやかにこの日をお祝いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 23:10
小松耕輔 「櫻」 詞:葛原しげる
葛原&小松のコンビは大正〜昭和の初めには大量の童謡を発表しているのですが、そのほとんどすべてが今や忘れ去られてしまいました。 この曲などは少々言葉は古くなりましたが、なかなか素敵な情景描写で決して悪くない曲のようにも思えます。 小松の著作権の切れた今 彼の作品が再び目を向けられるようになっても良いのではと思わなくもありませんが保護期間の50年はあまりに永すぎたというところでしょうか。今やこの作曲家を知る人もたいへん少なくなってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 11:57
草川信 「春の唄」 詞:野口雨情
4月に入り 桜の開花も各地で始まってきたようです。これからいくつか日本の桜にちなむ歌でまだ取り上げていないものの詞をご紹介します。まずはこの作品。草川の曲の中でも屈指の傑作ではないでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/01 23:42
古賀政男 「怒涛の男」(1955) 詞:野村俊夫
これは昭和30年の作品 映画の主題歌です。 映画の主人公は戦後のプロレス界の大スター・力道山 そしてこの歌を歌うのはなんと若き美空ひばり(映画にも登場しているようです) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 23:26
黄自 「卜算子」 (1933) 詞:蘇軾
中国の作曲家 黄自(ファン・ツウ1904-1938)は中国の瀧廉太郎とでも言える人でしょうか。 抒情的なクラシックの見事な歌曲を、中国風のテイストをほのかに漂わせながらいくつも書いていて、それらは今でも歌い継がれているようです。残念ながら瀧と同じように夭折してしまい、作品は多くないのですが、いくつか唐や宋の時代の詩人の詩につけたものもあります。これもそんなひとつ。宋の詩人・蘇軾(蘇東坡)の詩につけたバラードです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 23:51
チマーラ 「海のストルネッロ」 詞:ペーシ
これもチマーラの名曲と言って良いでしょう。リリックなテナー歌手が好んで取り上げている感じです。そのほとんどが日本人なのも興味深いところ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 23:39
レオ・フェレ 「吸血鬼の変身」 詞:ボードレール
没後150年のボードレールの詩につけた作品を取り上げるのであれば、このシャンソン界の巨匠は絶対に取り上げねばならないでしょう。お高くとまった「おクラシック」界では絶対に取り上げるはずのない詩にフェレは鮮烈な音楽をつけています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 23:39
ガルデル 「下り坂」 (1934) 詞:レ・ペラ
アルゼンチン・タンゴの古典から カルロス・ガルデルの逸品を久々に取り上げます。 これはタンゴの王道を行く 暗→明の見事な転換が美しい曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 21:47
柴田南雄 「夜に詠める歌」 (1963) 詞:立原道造
柴田南雄の生誕100年だった昨年取り上げそびれた曲です。彼には若き日に同じ立原の抒情的な詩につけた爽やかな歌曲集「優しき歌」がありますが、これは1963年、とんがった前衛の柴田音楽 ウェーベルンも顔負けの世界を日本語でやるのが実に新鮮で面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/05 21:38

続きを見る

トップへ

月別リンク

梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる